つるぎ高校のページ

11月23日 高校生産業教育展




11月23日に徳島そごうで「高校生産業教育展」が実施されました。
県内の専門高校16校が参加し,つるぎ高校はみまから関連商品を含む
美馬地域の特産品を販売しました。

家族連れなどのたくさんの方にみまからを買っていただきました。

11月2日 台湾 彰化県での販売実習



11月2日につるぎ高校の生徒8名が台湾を訪問し,
台湾の彰化県の朝市で美馬地域の特産品の販売実習を行いました。

彰化県での販売実習は今回で3回目になります。

姉妹校の台湾国立二林高級工商職業学校の生徒が協力してくれたので,
「激辛みまから」100個を完売することができました。

10月6日  「台湾の高校生とテレビ会議をしました!」

9月25日に姉妹校の台湾国立二林高級工商職業学校とテレビ会議で交流しました。
徳島文理大学の永本ちふ先生に中国語の通訳をしていただき,お互いの文化や食生活について質疑応答をしました。
次回の交流はつるぎ高校生8人が11月1日から3日まで台湾を訪問して学校交流や地元特産品の「みまから」等の販売実習をする予定です。





10月3日 

8月に実施した「つるぎ高校のみまからクイズ」へのご協力ありがとうございました。


9月は課題研究の授業で,みまからのPR広告の作成をしました。
僕たちが撮影した美馬橋を背景に「みまから」をPRしています。
高校生ならではの感覚ですが,いかがでしょうか?





つるぎ高校のみまからクイズッ!!

※終了しました 


つるぎ高校のみまからクイズッ!!

「つるぎ高校のみまから作業日誌のクイズに答えて特典をGETしよう!!」


【特 典】

「激辛薬味みまから85g瓶」を6個セットで購入し,
クイズに答えて正解すると,5%引きになります。
会員の方は10%引きとなります。



【クイズ】

この「つるぎ高校のみまから作業日誌」で紹介している
「みまから自動灌水システム」のタンクの色は何色ですか?



【クイズの解答の記入方法】


購入者情報の備考欄にクイズの答えを記入してください。

  答え ○色




「みまから自動灌水システム」を紹介

商業科と工業科の電気科・機械科の生徒が連携して製作した「みまから自動灌水システム」を紹介します。
このシステムと雨のおかげで順調に水分補給ができています。







①風力発電…自動灌水システムを稼働させるために,自然エネルギーを使って電力を発電します。

②湿度センサー…土の湿度の計測をして,湿度に応じてみまからトウガラシにタンク(2)から雨水を灌水します。

③タンク(1)…黄色のタンク(1)は,湿度センサーからの信号を受け,タンク(2)から水をポンプで給水して みまからトウガラシのコンテナに水やりをします。タンク(1)からは点滴チューブがコンテナ30個に繋がっています。

④タンク(2)…このタンク(2)(こちらも黄色)は,雨どいからの雨水を溜めるためのタンクです。 雨水が少なくなるとフロートスイッチにより,水道水からも自動で補給します。

6月30日



ネットショップでの販売戦略をみまからドットコムさんに提案してみようと,みんなでアイデアを出し合

っています。顔が見えないお客様の気持ちを考えるのは難しいです。


BLOG「愛郷夢翔」
Facebook「美馬交流館」
山人の里HP

つるぎ高校のページ

つるぎ高校では,平成26年の開校から美馬交流館と連携し,地域ビジネス科が中心となって,美馬地域で生産される「みまから唐辛子」を校内で栽培し,商品開発をめざした6次産業化に取り組んでいます。
 栽培の場所は,プール横の斜面を活用したコンテナ養液栽培を行っています。栽培にあたっては,太陽光,風力などの自然エネルギーやセンサーを活用し,灌水管理の効率化と省力化を図って,生産性を高めています。
このページでは,つるぎ高校の生徒がみまから唐辛子の栽培の様子やみまから唐辛子を使ったいろいろな取組を紹介します。

店長日記はこちら >>

みまからどっとこむのカレンダー
  • 今日
  • 休み
  • 不在

営業日のみ発送可能です。
担当者不在の日の発送はできないことがあります。
年末は別業務に入ります。
※12/30までは直接お電話でご注文いただけると対応できます。美馬交流館は12/29~お休みをいただきます。

配達日時指定について

注文日より3営業日以降から指定ができます

詳しくはカレンダーを参考に,発送/送料についてをご覧ください。

詳しくはこちら←クリック

お取引について

弊社商品の取扱いをご検討くださる方ご連絡お待ちしております。こちらからお問い合わせください。

許可なく転売(通信販売)はお断りさせていただいております。

ページトップへ